契約社員と正社員、どちらも残業代請求で未払い給料の要求を

Filed Under (カテゴリ《契約社員》) by Wilson Cham on 08-07-2011 2013-02-16 2013-02-16 2013-02-16

ヨーロッパのほとんどの国では同一労働同一賃金が保障されていると聞きます。それに引き替え、日本では人件費を抑える手段としてアルバイトやパートそして契約社員を利用していると感じています。派遣社員の不安定な生活が日本の経済の成長に悪い影響を与えていると指摘する人の意見に賛成です。将来に不安を抱いていれば給料を思い切って消費には回せません。アルバイトやパートを自ら選んでいる人も、正社員と同じ仕事をしている以上、時間当たり同じ給料をもらうことが当然だと思います。そうなれば、もっと消費も増えていき結局日本の経済全般が上向くのではないかと考えます。

しかし、現実は厳しく、私たち契約社員は様々な面で不利な待遇を受けています。とりわけ給料の面で大きくそれを感じます。具体的には、サービス残業のことです。私たちの業界では、ある時期に業務が集中することは常識になっています。これは限られた期間内に膨大な業務を処理する必要があるからです。そして、ここで発生するのが残業代の問題です。法律に触れるかどうか分かりませんが、いったん退出したことにして仕事を続けるのです。残業代請求をすればいただけるのかもしれませんが、契約社員の立場では二の足を踏みます。組合のほうから正式な残業代請求をしていただければ、と期待しています。

Post a comment